賃貸不動産経営管理士の難易度は?合格率と取得の3つのメリットとは

賃貸不動産経営管理士アイコン1

【賃貸不動産経営管理士】は、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能をもった専門家です。賃貸住宅管理に関する幅広い知識や経験に加え、公正中立な立場で職務を行う高い倫理観を兼ね備えています。安心・安全な住生活の提供、紛争の未然防止等の観点から的確な情報提供のできる専門家として、賃貸住宅管理業務の適正化と賃貸不動産市場の健全化に貢献しています。

賃貸不動産経営管理士は、賃貸住宅の入居者とオーナーに寄り添う心強い味方です。また、国土交通省による、2016年9月の賃貸住宅管理業者登録制度の改正により、賃貸不動産経営管理士に重要な役割が付与され、今後の活躍がますます期待されています。

続きを読む

受験生応援!資格カレンダー 2020年2月

月ごとに資格試験の「受験申込期間」「試験日」「合格発表日」を掲載しています。日程から受験する資格を探してみましょう。

2020年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

猫のイラスト「樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。
しかし実際には種なのだ。(ニーチェ)」

続きを読む

知的財産管理技能検定[3級][2級]の難易度や勉強時間は?就職に役立つ?

知財検定のイメージ

[知的財産管理技能検定]は、「知的財産管理」に関する国家試験であり、合格すると知的財産管理技能士を名乗ることができます。
グローバル化・IT化がますます進む現代において、日本のすばらしい知的財産(=アイデアや創作物・技術など、知的創造活動によって生み出された価値のあるもの)を守るため、今後ますます需要が高まることが予想される、注目資格です。
ここでは、知的財産管理技能検定の難易度や合格率、取得のメリットや弁理士との違いなど、資格取得を検討している方が知りたい情報をご紹介します。

続きを読む

弁理士試験情報~産業財産権を専門とする知的財産のスペシャリスト~

弁理士の仕事イメージ

【弁理士弁理士は、産業財産権(工業所有権)に関するすべての手続きを業務として代理することができる、産業財産権を専門とする国家資格です。発明・考案・意匠・商標について、出願・審判請求手続き等を代理で行い、それを特許庁に登録させ、特許庁とともに車の両輪となって、産業財産権の制度を運用しています。

弁理士の魅力は、高い専門性高い年収にあります。
その高い専門性をいかし、近年、従前までの出願業務だけにとどまらず、知的財産全般に関する専門家として、コンサルティングサービスや企業の知財戦略の立案など、知的創造サイクルのすべての局面での活躍が求められています。

このように、弁理士は、知的財産権全般のスペシャリストとして、ますます需要が高まっています。

続きを読む

日商簿記 試験情報~ビジネスパーソンに必須の知識~

簿記の仕事イメージ

【日商簿記日本商工会議所及び各地商工会議所が主催する、簿記の検定試験、公的資格。日商簿記検定試験には、初級・3級・2級・1級と4種類あります。一般的に、日商簿記2級が、企業に求められるレベルです。簿記の学習では、ビジネスにおけるコスト感覚や、会計に関する基本的な知識や理解が深まります。経理だけでなく、全てのビジネスパーソンにとって必要な、汎用性の高い資格です。

続きを読む