資格勉強法

実は、資格受験生のみんながやっていた!?資格受験生から寄せられた「勉強法」を、さまざまな角度から、共有します。資格の垣根を越えて、みんなで資格合格を目指しましょう。

勉強時間、確保できてる?見落としがちな4つのポイント

勉強法のアイデアのイメージ

この記事を書いた人:S

「勉強時間をもっと確保したい」「もっと効率化したい」というのは、多くの資格受験生が持つ悩み。この記事が目にとまった皆さんも、きっとそんな悩みを抱える資格受験生の一人だと思います。

たとえば下記のような、多くの資格受験生が実践している「時間の活用法」があります。

  • 学習スケジュールの管理をしっかりする
  • 自分にとって一番効率のいい時間帯を見つける
  • 隙間時間をうまく使って勉強する

その上で、そんな時間の活用法を、より効果的にするポイントがあるとしたら……ちょっと気になりませんか?実は、勉強時間を確保する上で、「当たり前のようだけど、振り返ると、意外と見落としてたな……」という風になりがちなポイントが、いくつもあるのです。

続きを読む

青ペン暗記法には3つの効果的なやり方が!?受験生の「色」活用法とは

暗記法 色のイメージ

この記事を書いた人:N

勉強は、コツコツと日々の努力を積重ねることが大切・・・。
もちろんそんなことはわかっているけれど、目指す試験が難しければ難しいほど「暗記」することも多く、「あ~暗記パンが本当にあったらいいのに・・・」なんて、モノにすがりたくなるものです。

でも、もしいつもの勉強アイテムやその使い方を少し変えるだけで、暗記力がアップするなら、試してみない手はないですよね?

ここでは、青ペンで勉強すると暗記力がアップするといわれている「青ペン暗記法」を中心に、「色」や「ペン」の上手な活用法について、実際の資格受験生・公務員受験生の声も交えつつご紹介します。

続きを読む

勉強時間を記録&見える化で、効率がぐんと上がる?時間管理の心得

タイムマネジメントのイメージ

この記事を書いた人:S

難関資格であればあるほど、勉強するべきボリュームは多く、内容も複雑になります。だからこそ、タイムマネジメントが大事。「無計画に、毎日適当に勉強しています!どれだけ勉強したかもよくわかりません。」という人は、そうそういないとは思いますが、資格受験生によって、勉強時間の管理方法にはばらつきがあると思います。

たとえば、勉強時間を記録することも勉強時間を効率化する方法の一つだと言われていますが、「計画は立てても記録はしていない」という方も、実は多いのでは?

今回は、資格勉強の「スケジュール管理」についての心得を、実際の資格受験生・合格者の声とともにご紹介します。必ずこんな風に計画を立て、実行するべき!という正解はないのですが、計画を組み立てる際・見直す際などに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む

忙しい社会人必見!暗記に欠かせない「反復学習」の3つのコツとは?

単語帳で暗記するイメージ

この記事を書いた人:N

どんな資格勉強においても「暗記」することは沢山あるもの。そして受験生であれば、一度は「簡単に覚えられる近道はないだろうか・・・」と思ったことがあるのではないでしょうか。
しかし現実は、よっぽどの天才でもない限り、たった一度の勉強で暗記できる人などいません。くり返し勉強する=「反復学習」は必ず必要であり、避けられないことなのです。

暗記に「反復学習」が必要なんて当たり前と思われるかもしれませんが、そのやり方が重要なのです。やみくもに繰り返すのと、効果的な「反復学習」をするのとでは、記憶の定着において大きな差がでます。
「苦手な法律は何回読んでも覚えられない・・・」「いつも同じ問題で間違えてしまう・・・」そんな悩みがある方は、反復学習のやり方が間違っている可能性も!?

そこで今回は、資格受験生もおすすめしている効果的な「反復学習」の方法・コツについてご紹介します。忙しい社会人の方は特に、効果のある反復学習で、暗記にかける時間を削れるかもしれませんよ。

続きを読む

【資格勉強法】モチベーションアップのご褒美・報酬は計画的に!!

資格勉強のモチベーションアップイメージ

この記事を書いた人:T

資格受験生の勉強法「モチベーションアップ方法」について、前回『【資格勉強法】モチベーションアップにはイメージが重要!?』の記事では、「合格後のイメージ」によるモチベーションアップ方法をご紹介しました。
今回は、「ご褒美(報酬)」を利用した、資格勉強法、モチベーションアップ方法をご紹介します。

さて、一般的にもよく聞く、自分へのご褒美を使った勉強のモチベーションアップ方法。
資格受験生に聞いたところ、このご褒美を勉強のモチベーションアップに活用している人は、投稿者全体の8.2%と、前回の合格後のイメージを活用している人22.1%の次に、多くの方が、活用している状況がわかりました。

続きを読む