勉強時間、確保できてる?見落としがちな4つのポイント

勉強法のアイデアのイメージ

この記事を書いた人:S

「勉強時間をもっと確保したい」「もっと効率化したい」というのは、多くの資格受験生が持つ悩み。この記事が目にとまった皆さんも、きっとそんな悩みを抱える資格受験生の一人だと思います。

たとえば下記のような、多くの資格受験生が実践している「時間の活用法」があります。

  • 学習スケジュールの管理をしっかりする
  • 自分にとって一番効率のいい時間帯を見つける
  • 隙間時間をうまく使って勉強する

その上で、そんな時間の活用法を、より効果的にするポイントがあるとしたら……ちょっと気になりませんか?実は、勉強時間を確保する上で、「当たり前のようだけど、振り返ると、意外と見落としてたな……」という風になりがちなポイントが、いくつもあるのです。

続きを読む

登録販売者とは?~規制緩和が追い風に?!市販薬のスペシャリスト~

登録販売者アイコン1

この記事を書いた人:Y

現在35歳、家電量販店勤務の伊東 愛さん。夫と2人の息子を持つ二児の母。

家計を助けるため、自宅近くの家電量販店に勤務してもう3年。最近、担当するフロアが異動になり、いま同店舗が力を入れている医薬品・日用品フロアへ新たに配属されました。

なかでも医薬品の売れゆきが非常に好調で、お客様から医薬品に関する質問を受けることも多くなりました。そのため、いま職場では「登録販売者」という資格取得を強く推奨しています。

愛さん自身も、資格を取得して職場仲間を助けたい気持ちや、家族のために役立つ医薬品に関する知識を増やしたい気持ちから、「登録販売者」について詳しく知りたい意欲が高まってきました。

「果たして、愛さんでも頑張れば合格できる資格なのか?」悩み多き社会人や受験生にいつも的確なアドバイスをくれる天狗先生が、登録販売者の仕事の魅力について丁寧に詳しく教えてくれます。

続きを読む

ビジネス実務法務検定試験®試験情報 ~社会人に必須の法律知識~

ビジネス実務法務検定のイメージ

【ビジネス実務法務検定試験®】東京商工会議所が主催する検定試験。「ビジ法」とも略されたりします。法務部はもちろん、営業、販売、総務、人事など、企業内のあらゆる職種で必要とされる法律知識が身につきます。
レベルは3級、2級、1級と3段階あります。3級は、「ビジネスパーソンに必須」の法律知識。2級は、弁護士など外部専門家への相談といった一定の対応ができる「知識レベル上級」、1級は、法律知識に基づいて多面的な観点から高度な判断・対応ができる、「実務対応能力レベル上級」となっています。

続きを読む

通関士試験情報~貿易関連として唯一の国家資格~

通関士のイメージ

【通関士】は、財務省管轄の国家資格で、貿易関連としては唯一の資格です。「輸出入手続きを行うプロフェッショナル」であり、貿易立国である日本においては欠かせない存在です。
通関士試験に合格した後に、運送会社や海運会社・倉庫会社などの「通関業者」に所属し、税関の確認を受けることで、初めて「通関士」と名乗ることができます。

通関士資格は、貿易に携わる全ての人に役に立つだけでなく、今後さらに進むであろうグローバル化社会において必要とされる、今まさに注目の資格です。

続きを読む

登録販売者 試験情報~市販薬の9割以上を販売できる国家資格~

登録販売者アイコン1

【登録販売者】登録販売者は、2009年の改正薬事法により「医薬品販売の専門家」として新たに誕生した国家資格です。規制緩和により、病院で処方される薬の成分の一部が、市販薬でも使用可能となり、効果の高い薬を手軽に購入できるようになりました。

また、人生100年時代の到来で平均寿命が長くなり、生活習慣病などが増加傾向にあるなか、自分の健康は自分で責任を持つことが求められています。政府としても怪我や病気になった時に、自身で医薬品を使用して治療に努める「セルフメディケーション」を推進する動きがあります。

登録販売者は、市販薬の9割以上を販売できる市販薬のスペシャリストとして、地域医療の最前線を担う健康アドバイザーとして、より身近になった医薬品をとおして、私たちの地域医療に貢献しています。

続きを読む